Cafe de UN Daniel's

九華ショコラ
Made by Cafe de UN Daniel's

あまいコーヒー、
焼けました。

「コーヒーに合うコーヒーのお菓子を作りたい」
「コーヒーを飲む大切な時間に寄り添いたい」
「いつ食べても変わらない美味しさを感じてほしい」
九華ショコラには、そんな想いをぎゅっとつめて焼き上げました。

甘くて、苦くて。

コーヒーをひとくち飲むと、たまらなく甘いものを口にしたくなる。香ばしいクッキーやとびきり甘いチョコレートもいいけれど、コーヒーの香りを噛みしめるのも、楽しい。コーヒーだけで満たす、しあわせな時間を提供します。

コーヒーの時間。

忙しいとき、のんびりしたいとき。元気なとき、落ち込んだとき。目覚めるとき、眠るとき。コーヒーは、どんな時間にも形を変えて寄り添ってくれます。九華ショコラはそんな大切な時間をそっと華やかにするお菓子です。

変わらない味。

変わらない味ってどうしてか心地良い。
おかあさんの味とか、行きつけの喫茶店とか。なんだか、ただいまと言いたくなるような味。そんなほっこりした気持ちになれるお菓子を作っています。

香り、味、食感。

しっとり、もっちり食感の「桑名もち小麦」とバリスタ・吉良剛がセレクトした香り高いコーヒー。パティシエ・上村真理子が繊細に焼き上げる。それが「九華ショコラ」です。

温めても

九華ショコラを袋から取り出し、電子レンジを使い500Wで20〜30秒温めていただくと、チョコレートの甘さとコーヒーの香りがより際立ち、フォンダンショコラのようなとろける食感をお楽しみいただけます。

冷やしても

一度冷蔵庫で冷やしてからお召し上がりいただくと、生チョコのようなしっとり感を味わえるガトーショコラとしてお楽しみいただけます。

パティシエ・上村真理子

PATTISIER Mariko Uemura

三重県北牟婁郡出身。調理専門学校を卒業後、洋菓子店勤務を経てカフェドアンダニエルズの元へ。幼い頃から「やさしいお菓子」を作り続けて磨いた感性を活かして、お客様を笑顔にするお菓子を作り続けたいと思っています。
目標は「これからもお菓子を作り続けること」ただそれだけ。少しでも多くのお客様が、あまくて幸せな時間を過ごせますように。

桑名の新しい 魅力をデザイ ンする

三重県桑名市に店を構えるカフェドアンダニエルズ。そしてそのオーナー、吉良剛の生まれ故郷もまた桑名。
九華ショコラのパッケージには桑名への想いを込めて、洋菓子×桑名の魅力を最大限引き出せるデザインをあしらいました。

三重県桑名市の旧称「九華」から着想を得て「9」を使ったパッケージデザインを採用。洋菓子としてのビジュアルと桑名のお土産としての価値が融合したデザインで、シンプルながらも華やかに桑名の新しい魅力をお伝えします。

三重セレクション2020一次審査通過
「Makuake」クラウドファンディング支援者323人達成

九華ショコラ のはじまりと これから

「九華ショコラ」を生み出すために約3年の歳月を費やしました。満足のできる味ができるまで試行錯誤を繰り返し、ついに完成した九華ショコラにはパティシエ・上村とバリスタ・吉良の想いが詰まっています。

バリスタ・吉良剛

1972年三重県桑名市生まれ。珈琲に関わり続けて25年。
珈琲が本来持っている果実の甘さを引き出すため、生豆の選別、ブレンド、焙煎すべてにこだわっています。
「Coffee is Power!!」を信念に、珈琲の持つ力で沢山の人の背中をそっと押せる1杯をご提供できるように日々珈琲と向き合っています。

【JAPAN BARISTA Championship 2005:サイフォン部門 優勝】
【UCC Coffee Masters 2008:サイフォン部門 優勝】

九華ショコラ

Made by Cafe de UN Daniel’s

価格

¥1,500 +TAX

サイズ

約15cm/1個

原材料名

チョコレート、無塩バター、砂糖、卵白、加糖卵黄(卵黄、砂糖)、小麦粉、カフェオレベース(コーヒー、砂糖)、乳等を主要原料とする食品、コーヒー/乳化剤、香料、pH調整剤(一部に小麦・卵・乳成分・大豆を含む)